SDGsの達成に向けた取り組み 

 SDGsの達成に向けた取り組み 

エネルギー問題や気候変動などの地球規模の課題を解決し、
持続可能な社会を目指すための世界共通の目標が、
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)です。

弊社は、土地付き太陽光投資事業を通して、



SDGsの17のゴールのうち、
以下の3つの達成に貢献します。

7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

太陽光は、永続的に地球に降り注ぐ、言わば「無限の資源」です。
化石燃料のようにたくさんのCO2を排出し、枯渇する心配もありません。

弊社では、太陽光という再生可能エネルギーを用いて発電を行うことで、
持続可能でクリーンなエネルギーを生み出します。

そして、太陽光発電の普及を進めることで、より多くの人々が安心して
再生可能エネルギーを利用できる社会の実現を目指します。

12.つかう責任、つくる責任

「つかう責任、つくる責任」とは、持続可能な生産消費形態を構築することです。

生産・消費は、食料や物だけでなく、エネルギーにも当てはまります。
私たちが普段利用しているエネルギーは、果たして持続可能でしょうか?

弊社は、太陽光という再生可能エネルギーを利用することで、
エネルギーの持続可能な生産消費形態の構築に貢献します。

13.気候変動に具体的な対策を

今や、地球は毎年のように異常気象に襲われています。
大規模な干ばつ、滝のような大雨、想像をはるかに超える巨大な台風。

CO2排出量の増加によって地球温暖化が進行し、海水温が上昇することで、
数多くの異常気象が人々を苦しめています。

弊社では、太陽光発電を通してCO2排出量の削減に努めることで、
地球規模の気候変動の抑制に貢献します。

誰もが安心して暮らせる社会を実現するため、太陽光発電を広く普及して参ります。

太陽光発電で、
持続可能な社会の実現へ





SDGsの理念は「誰1人、取り残さない(leave no one behind)」です。
本当の意味での「誰1人」を実現するためには、
社会全体でSDGsに取り組まなくてはなりません。

弊社も、社会を構成する一員として、太陽光発電を通して、
持続可能で「誰1人取り残さない」社会の実現に向けて取り組んでまいります。